sally garden ♭yuri


sol[y-co]'s dialogue
by soliruy0925
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:alone( 10 )

ほんとのところ

引っ越しまであと3日

目まぐるしい毎日

今は寂しさなんてかみしめる余裕もないはずなんだけれど

時折
妊婦ならではの不安定さ

重くなっていく体
女子力が下がっている時期だからこそ
本当に愛されているのか不安になったり
娘の気持ちがわからなくて泣きたくなることなんてしょっちゅうある

だからなのか

今日
ある人に

「いま幸せでしょう?」
と聞かれたとき
なんだかひどく微妙な気持ちになった


幸せじゃないわけじゃない

でもとにかく今は

新しい生活が
本当はすごく心細くて
毎日不安でたまらない
[PR]
by soliruy0925 | 2011-02-13 23:38 | alone

人の心の闇は、なかなかみえない。
みえないからこその、闇なんだけれども。

会う約束をしても、当日連絡なしにすっぽかす友人がいる。
彼女と、もう1人と私と、3人で会う約束をしていた今日、結局来なかった。
もう一人の友人は、彼女と、少し早く集まって私への結婚祝いを選ぶ約束をしていたらしく、
穏便なこの友人は珍しく怒っていた。

でも、どうしても私は怒る気になれない。
腹を立てるよりもまず、悲しいし寂しいし。
どうしてあげることが彼女にとっていいことなのか、考えてみても、わからないのだ。
このまま私たちが怒っても、きっと彼女はフェイドアウトして終わりだ。
それはあまりに悲しすぎやしないかい。

夜の仕事をするようになってから、きっと今迄の彼女の人間関係はがらりと変わってしまったんだろう。その虚しさに彼女は気付いているし、でもどこか諦めてしまっているようにもみえる。
それを知っているだけに、彼女を放っておけない。
私にできることなんて、限られているけれど。

どうしたらいいんだろう。
[PR]
by soliruy0925 | 2011-02-11 23:07 | alone

戯言

無事に心拍確認。
安心した。


昨日は両親がいないコミュを見つけてコメント読んでいたらボロボロ泣けた。

幸せも不幸も比べるものではないけど、それでも、なんで私の親はいないんだろうと思ってしまうときがある。

特に結婚、妊娠、出産のときは、人生の中でも一番母親にそばにいてほしいとき。

結婚式、よくある両親への手紙。どうすればいいのか今から頭を抱えている。

子供を気兼ねなく預けられる場所はない。なんだかんだいっても、やっぱり他人は他人。

両親がそろっている人や、片親の人、町で見かける母娘。

色んな事情があるだろう。

わかっていても、でも生きてるじゃない?と思ってしまうときがある。

誰もが経験することを、少し早く経験しただけなんて、私は、今でも思えない。


子供をもつ親になった以上、心に決めたことがある。

長生きすること。

死んでしまったら、何もできない。
私と同じ思いは、絶対させたくない。


私、母がゆるせないのかな。
それでも20過ぎまで育ててもらったことを感謝しなければいけないのに。
大好きだけど、まだゆるせない。
[PR]
by soliruy0925 | 2010-12-20 20:49 | alone

均衡

誰かといても疲れるだけだったりする日
それでも人が好きだよ、って言えない日

本当に気の休まるときが、結局ひとりでいるときだったりする日

どの時間も必要

気難しい、と思う この頃の自分


決まった人としか会いたくない
塞ぎ込んでるのとはまたちょっと違う感じ

この歳で、これから誰かと深く関係を築いていく気はあまりない
愛想笑いが必要な関係とか
ほどよく、浅く、な関係はいらない

この どうしようもなく極端な私

いつも
0か100しかない
[PR]
by soliruy0925 | 2009-05-16 02:05 | alone

自己嫌悪

どうして伝わらないんだろう
同じコトバを話していても
気持ちが通じ合えない

かなしい 
とっても さびしい

全ては 私の身体のせい

なんかすごく つらいな
[PR]
by soliruy0925 | 2009-05-11 19:59 | alone

過去

投げつけた椅子が悲しく転がった

もういろいろ限界になってきました
思うように動かない体を抱えてる日々にも疲れてきてしまった
幸せなはずなんだけれど
なぜだかよく涙がでる

もうすぐ2009年

この1、2年の間に あまりにたくさんのことがありすぎた
退職するとき 上司から「生き急いでる」と言われ
その瞬間はピンとこなかったけれど
ゆっくりと色々思い返すと 確かにその通りかもしれないな
でも私はきっと こういう生き方しかできないんだ
だって、知ってしまったから

人の最後がどれだけあっけないものか
どれだけ突然で
かける言葉すらないまま
あっという間に過去になっていくかを

乗り越えていくためには仕方のないことで
それでもこうして
いまだに泣いている私は
なんて情けなく愚かに映っていることだろう
[PR]
by soliruy0925 | 2008-12-30 03:56 | alone

約束

ひとりになろう

ひとを好きになりたいから

しばらく
ひとりになろう

本当はもっとあたたかくて
思いやりにあふれた言葉や表情で話をしたいんだ

今は発すること全てが重々しくて
呼吸すら息苦しい

きっと今は
たまごをあたためる親鳥のように
じっとしていたい

美しさや正しさを取り戻したい
悲しいことは後回しにさせて
いつか記憶に救われるまで

サヨナラ
[PR]
by soliruy0925 | 2008-04-19 09:57 | alone

泣くオトナ

この季節に呑み込まれそうだ。
風が暖かくなる。こゝろだけが置いてかれそうになる。

どうしてだろう。

「泣きたいの?」

「泣きたいよ。

         いつだって、そうだ。」


あの一瞬を想像してみる。
やるせなくなって、涙があふれる。
こうして哀しみは浄化されていく?

きっと、そうだといい。

ビビの散歩の途中、ふと見上げたら、一面、桜の夜空。
気付かない間に、時は過ぎてく。
当たり前のように、当たり前じゃないことがたくさん通り過ぎてく。
土曜日までもう少し、咲いててよ。

ほら、ちっとも客観的じゃない自分。
結局は自分の決めた視点で世界を見てる。

悲しいことが続いて、その間に嬉しいことが織り込まれて。
あなたにも、私にも。
だから人は生きていける。

夜に聴くスーパーカーは、ドライブしてるみたい。
熊谷のライブハウス。
朝焼けのオレンジペコー。
親友と並んで寝そべったベンチの冷たさ。
昼じゃなくて、夜に生きてる感覚。

いくつもの夜更かし。
ねぇ、私は幸せだったな。

何もかも、あなたが許してくれていたぶん。
[PR]
by soliruy0925 | 2008-03-26 04:20 | alone

わかる

私は知っている。痛みや傷口の形は己にしか知りえないことを。だから分けあうことも半分にすることもできない。それらは神様なんぞからそのひとへと与えられた、そのひとだけの課題だから。無論、必ず乗り越えられる範囲内らしい。

私は、病院をすすめる彼女の言葉に傷ついていた。何も言い返すことができず、ただきいていた。

ねぇ、君は真実を知っても同じ言葉を言えるかな。

自分を大切にってなんだ。嫌いなひとはどうしたらいなくなるんだ。所詮は自分で作り上げた幻影なのに。勿論、彼女に悪意はない。だからことさら、。

ひとり雪のなかこのまま記憶喪失になりたいと思った。
ジョゼを観たら少し落ち着いた。

私はやっぱり頭がおかしいのかもしれない。
[PR]
by soliruy0925 | 2008-02-10 03:56 | alone

対峙

誰といても
何をしてても
不安でたまらない

どこかへ行きたい
今すぐここから離れたい
でもそれはどこだろう
きっと
どこへ行っても不安なまま

帰る場所がある
それだけで幸せなはずなのに


呼吸が乱れる
頭が痛い
人が こわい
でもひとりは

衝動的な死へ駆り立てる合図はなんだろう

なんでまたこうなってしまう?
みんな
こんなに優しくしてくれるのに


私は何がしたいんだろう
リアルに思い描きたいのに

目を閉じても
塗りつぶされた闇
一向に

美しいものを育てたいのに
心の時は止まったまま



助けて

私を揺り動かして
[PR]
by soliruy0925 | 2008-02-06 01:56 | alone
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
relax
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧