sally garden ♭yuri


sol[y-co]'s dialogue
by soliruy0925
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:dear( 40 )

ふるさと

そうだった
私には
帰る家はなくたって
帰ってゆける人がある

身体も気持ちも
もうどこにも行けないと思ってた


あなたの言葉ひとつで
どれほど救われたか

今日は久しぶりに
よく眠れそうな気がするよ


ゆいぴー
ありがとう
[PR]
by soliruy0925 | 2011-04-27 23:11 | dear

安らかに

今日はひとりお墓参りへ行ってきた。

母の墓前で静かにひとり手を合わせると、心がさざ波のように安らかになった。

きっと、私はずっとここに来てこうしたかったんだ。

ようやく会いに来られたよ。

私は長野で生きることを決めたけれど

どこへ行ってもあなたの娘です。
[PR]
by soliruy0925 | 2011-02-11 00:37 | dear

dear

たまには気分転換したいと出かけても
結局娘がどうしているのか考えてしまう自分がいて
こんな私も 出産した当初よりは母親らしくなったのかな、なんて思ったりする

ほんの数時間 離れただけでも
すごく愛おしく思える

見返りなしに純粋に誰かを愛することが出来るのは
子に対してと、孫に対しての関係くらいじゃないかしらと思う

私を母親にしてくれて ありがとう 
[PR]
by soliruy0925 | 2011-02-06 02:20 | dear

father

先日、知人のお宅へお邪魔していたときのこと。

more
[PR]
by soliruy0925 | 2010-11-04 20:29 | dear

ビビ

ビビを仙台の家へ預けたこと、ずっと罪悪感があった。

自分のキャパのなさ。
不甲斐なさ。

子育てとペットの世話を両立している人なんていくらでもいて。
なのにどうして自分にはできなかったのか。

自分で自分を最低な人間と思った。

街で犬をみかけるたび。
ペットショップへいくたび。

本当はずっと、胸が痛くて。

だから、長野へ引っ越すことになって、これでようやく引き取れる、と思った。

今もビビが私を受け入れてくれるかわからないけれど、母が残してくれた唯一の存在。
やっぱりそばにいたい。

私のエゴ。
[PR]
by soliruy0925 | 2010-10-30 22:30 | dear

ようやく

母の思い出話を、笑いながら話せるようになりました

涙もでるけれど、話したあとにあったかい懐かしい気持ちがあとに残るようになりました

これもみんなの支えのおかげです

そばにいてくれる人
遠くからでも想っていてくれる人

みんなみんな
言葉に出さずとも
私を励まし
支え続けてくれています

結婚式、二次会にきてくださる人たちへ
感謝の想いが
その一人一人の胸へ
しっかりと届きますように
[PR]
by soliruy0925 | 2010-10-21 19:15 | dear

はりねずみの距離

なぜかときに
はりあい
ぶつかりあってしまうんだ

それはちょっと近すぎるよって信号なのかもしれない

やさしい気持ちになれるときとそういられないときがあるように

それでもやっぱりいつも
あなたに嫌われたくないし
あなたにやさしくありたいから

私は長野で
自分の暮らしを
しっかり築き上げます

これからも
ずっとあなたと心を通わせていたいから

そのころには
今のこんな気持ちすら
懐かしく思い出すのかもしれない
[PR]
by soliruy0925 | 2010-10-17 17:17 | dear

she

人に話すだけで、こんなに楽になるなんて。


子育ては、周りにたくさん甘えて、助けてほしいときは助けてって言えばいい。

頭ではわかっていても、そう簡単にできない。


でも、不思議だよ。

彼女を前にすると洗いざらい素直に話せてしまう。
なんだかもう少しで泣いてしまいそうだった。


ありがとう。


いつも自然と、大切なことに気づかされて。
彼女のたった一言で、また娘と向き合っていける。

もっと強くなって、いつかわずかでも、彼女の助けになれたらいいな。
[PR]
by soliruy0925 | 2010-09-03 04:42 | dear

ぐるぐる

心が乱れたとき
自分を傷つけるかわりに
娘を抱きしめる

誰かの言葉がチクチク忘れられないとき
タバコを吸うかわりに
娘と歌をうたう

なんだかどっちが育てられているのかわからないときがある

日々助けられている

こんな小さな存在に

これからもパパと三人
ずっと仲良く暮らせますように
[PR]
by soliruy0925 | 2010-08-12 08:26 | dear

花火

頭上の空一面に広がる花火をみて思った

この瞬間はもう二度とない

横一列に並ぶ
昔からよく知ってる2つの顔と小さな娘の横顔

いつかきっと思い出すだろう

それは寂しく辛いとき
私を励ますだろう

私の帰る場所のひとつとして
きっと彼女たちを想うだろう
[PR]
by soliruy0925 | 2010-08-08 02:19 | dear
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
relax
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧