sally garden ♭yuri


sol[y-co]'s dialogue
by soliruy0925
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:alive( 13 )

両腕で

父が一度目の事件を起こした時、母は「地震や災害で家がなくなってしまうとかよりは、ずっとマシだよ」と言って私を励ましてくれた。

そのときは、そんなことない、これほど不幸なことは滅多にないなどと被害者意識だったが、今回の地震で痛烈に母の言った意味がわかった。

more
[PR]
by soliruy0925 | 2011-03-22 21:29 | alive

久しぶりに母の夢をみた

本当は生きていて
一緒に旅行して
でもやっぱり何かが違っていて最後は悲しい別れで目が覚めた
ボロボロ泣いてたら
美織が背中を撫でてくれて
落ち着いた
どちらが子供なのかわからないね

今月は同窓会が沢山あった
自分の過去と向き合うような感じ
久しぶりの同級生
それぞれ色んな人生があって

変わったとか変わってないとか言い合って
昔抱いていた沢山のコンプレックスや
コミュニケーション下手だった自分が
懐かしくもあり
今なら笑って
あの頃の自分に会えるなら
大丈夫、と言ってあげたいな

今まで、いい人生だった

これから出会う人たち、
楽しみだな
[PR]
by soliruy0925 | 2010-12-18 23:11 | alive

すべては風の如し

十年経っても、自分はまるで成長していないんじゃないかと思うときがある。

どうして私はここから動けないんだろう。
ガチガチのコンプレックスの塊だった私。
自分を好きになってくれる人がいることを知れば、そこから解放されると思っていたけれど、そう簡単にはいかないようだ。

反面、失ったものもある。
自ら切り捨てたものも。
昔のようにはいかないと吐いてみたり。


私はこうして生きているのに。
もっともっと、走らなきゃだめ。
でなきゃあなたに申し訳ない。

more
[PR]
by soliruy0925 | 2010-08-21 03:40 | alive

前進

数年前までは、他人を羨んでばかりいた。
父が消えて、母を亡くして。

幸せだった頃の思い出を、思い出すことができなかった。しばらくは、友人の結婚式に出席することも、しんどかったりして。
きっと、自分で自分をかわいそうに思っていた。

何かあるたびいつも、思った。
なんで私にはお母さんがいないんだろうって。

うちはどうしてこんなことになってしまったんだろう。
何かの罰だろうか。

あのときクラスメートをいじめたから?
あのとき嘘をついたから?
あのとき浮気したから?


考えても考えても、答えは見つからなかった。


でも、起こったことには必ず意味がある。

それは、娘を授かったことや、長野へ移住することや、これから叶える夢につながっているのかもしれない。

私はかわいそうじゃない。
だからもう、羨むのはやめにしよう。
その証拠に、最近、幸せだった幼少期の記憶が蘇ってきた。
それだけで、生きていける。

何はともあれ、いま、幸せです。
[PR]
by soliruy0925 | 2010-07-22 23:05 | alive

カイホウ

友人の紹介で一年近く予約待ちしていたスピリチュアルカウンセリングに行ってきた


これからの自分のこと
娘のこと
旦那のこと
母のこと


いろんなことを話してアドバイスを頂いたら

ようやく解放された気がした


ものすごく子供の気持ちがわかる人なんて言われたのは初めてで意外だったけれど

幼い頃妙に
戦争孤児や複雑な環境の子供の本に興味をもって
そればかり読んでいた頃を思い出した

私も
誰かの役に立つことができるかもしれないなんて

うれしい

そんなことを思いながら家に帰る途中
親友から出産報告のメール
うれしくて
うれしくて

私の人生
捨てたもんじゃないって思う

それはきっと
かなり幸せなこと
[PR]
by soliruy0925 | 2010-05-26 03:06 | alive

はじめました

冷やし中華じゃないですよ。
ひとつは教習所通い。
昔から、根拠もなく周りから運転向いてなさそう的なことをよく言われ、まあ自身でもとる予定なかったのですが。
長野行きが決まってから、これを機にてな感じで通い始めました。

more
[PR]
by soliruy0925 | 2010-05-10 02:25 | alive

混沌

言わなくていいこと
言うべきこと
いちいち考えるの?

ひどく 混乱している

信じている
それだけじゃやっていけない
自分の親をみて理解してるつもりでも
それでも
理想を願ってしまう

いっそ記憶喪失になって
昔のこと何も思い出さずに生きていけたらどんなにいいだろう
忘れるより思い出したほうがいいとか
きれいごとなんて言えない

子供にきかれたら何て答えるの?
言わなくていいこと

私と同じものを背負わせたくはないから
きっと私はうまく嘘をつくんだろう
[PR]
by soliruy0925 | 2008-09-18 23:30 | alive

荷物

失われたもの
捨て去ったもの

仕事への情熱

しがらみ

その話を
遠いところで聞いている自分
今はもう どんなに話しても分かち合えない
私が変わってしまったから

今の自分に必要なものは
必要なものは
なんだろう
まだ探してる途中だけど
このままじゃいけないって毎日言われてる気がしてる

自分を見つけられないままじゃだれの力にもなれない
だから私は
自分の軸を定めなきゃならない新しい年がくる前に
[PR]
by soliruy0925 | 2008-03-12 11:38 | alive

空の果て

おばあちゃん。
ビビを見つけ出してくれたのは、きっとおばあちゃんだよね。
ありがとう。
ビビがもしいなくなってたら
お母さんは今頃
まともじゃいられなかったよ。

私はおじいちゃんから
強い子だからと
この名前をもらったけれど
時々名前に負けそうになるよ。

私にはもう
家族と呼べるひとはとても少なく限られていて

これから何かを紡ぎ出していける可能性を信じて幸せを想う気持ちと

灰色の壁に囲まれた
あのひとの絶望を思って
時々胸がつぶれそうになって
声を押し殺して泣いたりもするんだ

この空が青ければ青いほどにね
[PR]
by soliruy0925 | 2007-11-13 01:14 | alive

現実的

遠くで雷が鳴ってた

やけに遠くて

違う国のことみたいに

ここは静かだ





ひとつの音で  一瞬にして場面は変わり

色をもち
感情をもち
役者がいて
そこには  
愛があり

それらは物語となる


まるでそのためだけに生きてきたみたいな

子守唄のようにおおきくて 

人が生まれた場所を想うような

その手のひらににじむ汗の感触を

言葉にできないものを
言葉を駆使して  ひとつの歌にする


息を吹きかけると色が変わる
魔法のランプのように



そうすることでしか僕は
自分の存在意義を感じられないようだ




だんだんと  とくとくと
湯水のごとく  時は過ぎて



やがては守られる側から   守る側へと代わって行く



それらはひとを強くさせ
あるいは

真意をみつけにくくさせる


それでもね


生まれてから
一番初めに祈ったことを

君はずっと覚えていられる?



私は

逃げていたなぁ




そろそろ  

本気だしましょうか
[PR]
by soliruy0925 | 2007-07-31 00:17 | alive
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
relax
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧