sally garden ♭yuri


sol[y-co]'s dialogue
by soliruy0925
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:human( 29 )

蘇生

少しずつ少しずつだけど、つわりがラクになってきました。
それに伴い、少し前までの自分がウソのように、気持ちも落ち着いてきました。

たぶんきっといつも、静かに見守ってくれている人たちがいて。私が知らないところで、私を思ってくれる人がいて。

そういう人たちのおかげで、私はまたこうして元気になれる。


いつもありがとう。
[PR]
by soliruy0925 | 2011-01-04 20:20 | human

お兄ちゃん

連続してファミリーネタですが。
今、同棲中の彼女さんに父のことを話そうとしているけれど、なかなか言い出せないとの相談。
兄から相談なんて初めてだし、しかも結構切羽詰まった感じで、なにか力になってあげたいのに、いいこと何も言ってあげられなかった。

私も旦那さんに話すときは、本当に色々覚悟したし、こわかったし、悩んだ。
でも旦那さんは、私の家族と結婚するわけじゃないから、と言ってくれた。
旦那さんの家族も、私のことだけをみて、普通に受け入れてくれた。

これは本当に、幸せなこと。


兄の彼女さんも、そんな風に兄に言ってくれたらいいのだけど。

これは本当に人それぞれの解釈もあるし、本人たちだけでなく相手の家族にもよる。
調べたらすぐわかることだし、やがて生まれる子どもにもいつかは伝えなければいけない。

お兄ちゃん、がんばれ。
[PR]
by soliruy0925 | 2010-11-21 23:38 | human

人について

ふと、親戚づきあい面倒だな、なんて思うことがあった。
むしろ血が繋がってない他人のほうが優しかったり、自分も優しくなれたり。


そんな折、ゆいぴーのおじいちゃんが亡くなった。
そんなときでも、彼女は私の心配をしてくれて。

ありがとう。

彼女は昔から、どんなときも優しい。
そして、それを伝えてくれたあやも。
2人とも、無意識にいつも人のために動いている。

more
[PR]
by soliruy0925 | 2010-11-03 01:06 | human

ママ

少し前までの私は

四六時中、子どもとふたりきり、向かい合う。

たとえば、自分が寝込んだら?
ていうか、寝込めない。
旦那さんは会社を休めないし。
おかげで娘が生まれてから、風邪をひかなくなったけど。
8割、気合い。

一度だけ高熱出したことがあったけど、クラクラしながら離乳食作った。

more
[PR]
by soliruy0925 | 2010-10-31 23:59 | human

解毒

心のうちを全部さらけ出して、きっと要約すらされていない文章のメールだったのに、私の心が落ち着くまで付き合ってくれて。

ありがとう。

そうして久々に声を出してわんわん泣いて、なんだかすっきりした。


私も、母である前に女で、女である前に人間で。
こうでありたい、と高々と理想を掲げるものの、皆によくあるように現実とのギャップに悩まされる。

いつか越えてはいけない一線を越えてしまうんじゃないか。


私は、ずっとその恐怖と戦っていた。


そうなっても戻してあげるから。

その一言で我に返った。

私は、大丈夫だ。

この人たちが言うんだから、間違いない。

私が私を見失っても、こんな風に見つけてくれる人たちがいるから。

最近、言ってなかったけれど。
娘と私のために、毎日毎日、頑張って働いてくれているパパ。
いつもありがとう。

身体だけがとても心配。
[PR]
by soliruy0925 | 2010-09-19 02:46 | human

出産で中断したアロマの勉強をまた始めた。娘が寝てる合間を見つけてどうにか。

あと友人の結婚式のためにピアノを集中的に練習。
発表会に引き続き、目的をもって弾くとだいぶ違う。

今年~来年に手を着けることは発展していくと言われ、最近ちょっとやる気を出している玉響です。


たぶん、子育てだけをやっていくことなんて私にはできない。子供のために、私が私でなくなるのがこわいってのもある。


先日、地元飲みで久しぶりに会った女の子に「やせたねー!」とびっくりされたので、「胸からね・・」とちょっと自虐的に答えたら、「もう使わないじゃん」と鼻で笑われ、怒りを通り越して、なんだかとっても悲しい気持ちに。

使うわ!笑←心のツッコミ

なんつーか同じ女性としてこんなこと言うのが悲しかった。
思い出しては悲しくて数日女々しく鬱々としてしまったょ。

やだね。
まー早く忘れよう!


色んな生き方があって、特に女性は多くの選択を迫られるわけで。
でも、どの生き方も正しくて、誰もとやかく言うことなんてできない。てか言っちゃだめだと思う。

お互い、尊重。

これ、鉄則です。
[PR]
by soliruy0925 | 2010-08-24 04:03 | human

ふるさと

心があの頃に帰っていく

人は帰る場所があるから
出ていけるんだな

タクシーから見える朝焼けは
寂しさと希望を合わせもつような淡いオレンジで
思わず同調してしまった

また新しい場所で
私も築けるのだろうか

面倒だけれどあたたかい
人の繋がりを
[PR]
by soliruy0925 | 2010-08-17 09:31 | human

祈り

悲しいニュースが多すぎる。
一昔前まで映画やドラマの中だけだったことが、現実に起こり、ニュースに流れる。

最近では当たり前かのように連日報道される虐待や育児放棄。

理解できる部分が全くないとは言い切れない。
核家族の子育ては孤独だし、特に都心部だと簡単に預けることもできないし、発狂したくなるようなときだってある。


それでも、理解できないよ。


超えてはいけない一線を、どうして簡単に超えてしまうんだろう。

早く、どうにかしなきゃいけない。
私も一児の親として、何ができるか、模索中。
わずかでも、傷つく子どもたちが少なくなるように。

子どもは、希望。
人間にとって、光なんだ。
[PR]
by soliruy0925 | 2010-07-31 23:14 | human

シアワセ

幸せでしょ?と言われて
幸せだよ、とまっさらに答えられる自分でありたい


けれど人に
結婚して出産して
あと何が望み?て顔されると
正直 腹が立つ


不幸せなわけじゃない
恵まれていることもあるし
幸せを感じることも人並みにある

でも誰かに私を決めつけられたくない


子供を連れて遊びに行って
嫌みだな、と言われてとても傷ついた
そんな姿を彼女がみたら卒倒するだろうと


どうやらいまだに彼女は
かわいそうな自分に酔っているらしい


私にとって
彼女はどんな意味のある試練なのでしょうか
[PR]
by soliruy0925 | 2010-03-16 01:19 | human

積年

彼女が苦しんでいることを知って
いろんな思いに駆られた


助けたいのか
だとしたら単なる自己満足のような気もするし


母を助けられなかったぶん
誰かを助けて罪悪感から逃れたいだけなのかもしれないし


彼女が会社をやめようとしたとき
とめた自分に対する後悔からくるものかもしれないし


もしも今でも一緒に働いていたら
どうしていたかわからない
私が彼女を苦しめる立場だったかもしれない

私は彼女を嫌いだったから

それでも
きれいごとと言われても

今はただ
どうか生きていてほしい


もう理不尽に人が死ぬのは
二度とみたくない
[PR]
by soliruy0925 | 2009-12-19 02:12 | human
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
relax
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧