sally garden ♭yuri


sol[y-co]'s dialogue
by soliruy0925
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:music( 9 )

ピアノ

ドビュッシーの「月の光」を聴くと、幼い頃の発表会を思い出す。
懐かしくてあたたかくて、尊い世界。
自分が弾いた記憶はないから、多分誰かが弾いていたのが耳に残っていたのかな。

久しぶりに聴いたら、なんか泣けた。

やっぱり私にはピアノしかないのね。

陳腐な台詞だけれど、ふと思った。

母が習わせてくれたピアノ、無駄にはしません。弾いてきた曲は軌跡だから、弾くとすべてよみがえる。いつでも思い出の頃へ舞い戻ってしまう感覚。ある種、写真よりも鮮やかだったりするから不思議だ。

数年ぶりにクラシックの発表会にでることになった。
声をかけて頂いた先生に感謝。これも素晴らしいタイミングで。ありがたい。
やはり人生は巡り合わせなのかも。
[PR]
by soliruy0925 | 2010-05-29 01:43 | music

振動

テクニックは

耳に訴えかける



美しい旋律は

感情に訴えかける



音とリズムは

魂に訴えかける


そして


耳に届いたものはいつか飽きるし
感情は変わる

けれど

魂は忘れない
魂に届いたものは
消えない


私は

何度きいても

この話がとても好き
[PR]
by soliruy0925 | 2007-05-27 03:23 | music

赤錆

いろんな気持ちになったけれど
「できない」という言葉は
自分自身に対する一番の屈辱
[PR]
by soliruy0925 | 2007-03-17 13:54 | music

go home

この曲を弾くとき 
決まって浮かぶ情景があって

それは本当に過去にあったのかもしれないし
もしかして私の妄想に過ぎないかもしれないけれど
本当のところはそんなのどっちでもいいんだろう

ただ言えることは
私にとって家族は
とても大切で 
いとおしくて
求めていて

この歳になってもなお
遠い未来に必ずくる 
母が死ぬことがこわくて
何度も同じ夢をみたりする
祖母が癌とわかってからしばらく
1週間同じ夢にうなされた

本にもよく書いてあるけど
本当に
大切なひとやものは  失ってからいつもわかる
それがどれだけ愛しかったか  思い知るんだ
そして共に生きているひとたちを もっと敬うようにできているんだ
本当に



「母へ」

匂い立つ花の香  母の子守唄
雁を追って  頬を紅に染めた

鳴りやまぬ風の音 流れゆく雲よ
手をひかれべそをかく 小さな甘えん坊

帰ろ 夕日と共に
帰ろ 愛しい人が待ってる





c0101369_332535.jpg

[PR]
by soliruy0925 | 2007-01-19 03:43 | music

再びお知らせマン

solライブの詳細が決まりました。


sol
elyna (Vo.)
yuriko (Pf.)

special guest
aya (Cho.)
hisashi (Dr.)

とき☆3月25日(日)
   open/15:30
   start /16:00
※出番は5番目なので20時頃を予定です。
ticket/1,000 (drink 500)

ところ☆大塚welcome back
http://www.welcomeback.jp/

追加CDも販売予定!
今回はおなじみのサポートメンバーも入れて更にパワーアップ!
しかも久々のタイバン有りでどきどきどきなsolです。
しばらくみんなに会えなくなるので、燃焼しきるつもり。
期待しててね。

お越しになれる方はご一報下さい。
心よりお待ち致しております。
[PR]
by soliruy0925 | 2007-01-16 13:55 | music

共鳴

45分、6曲のステージ。

一昨日の夜、相方は39.5度の熱に冒された。
喉が腫れ、おそらく喋ることすらままならなかっただろう。
そして今朝、38度。
もしかして、今日のステージは無理かもしれない。
むしろ私の方が弱気だった。
けれど彼女は泣き言ひとつ漏らさなかった。
そして本番。
彼女は、普段とほぼ変わりない歌声で歌いきった。

互いにより集中していたせいもあってか、今までのステージの中で一番繋がった気がした。目が合って、ああ今、ひとつだ。とすごく思った。なんだか感動してこみ上げるものがあった。こんなにも私のことを信じてくれる人はなかなかいない。
私はこのひとと共に音楽ができて、本当に幸せだ、と思った。

ライブをやってこんなに幸せな気持ちになったのは、今回が初めてです。そう思うと彼女の出した高熱も、必要な試練だったのかもしれない。けれど痛みやつらさも本当に半分、わけあえたらよかったな。。。うん。
http://www.welcomeback.jp/

本日お越し下さった方々へ、心より御礼申し上げます。
CDも沢山の方々にご購入頂き、本当に有り難うございました。
おかげさまで完売致しましたが、更にご予約を頂けたため、更に10枚増刷致します!本日お手元にお届けできなかった方、誠に誠に誠に申し訳ございません。早急に作成致しますので、今しばらくお待ち下さいませ。

次回のライブは3月!
本日できなかった「salley garden」や、今までのライブでの演奏曲もろもろをお送りする予定です。乞うご期待!

みんな、本当にありがとう。
[PR]
by soliruy0925 | 2007-01-09 01:43 | music

江古田通い

最近、練習を録音してみてます。
なんせ機材に弱いもので、録音とかちょいとめんどくさがっていたんですが・・やはり自分の演奏を客観的に判断するのはとても難しいもんで。弾いてるときは思いきり入っちゃってますから。
てなわけで、今日も江古田のスタジオで練習。
帰り道、早速きいてみる。。。

低音でけー・・・
ピアノがスタンウェイだったから?それとも私の野太いタッチのせいか?
いずれにしてもまだまだ人に聴かせられるもんじゃありませぬ。
とはいえライブはあと1ヶ月きりました。悪夢にうなされそうな夜が続いてます。
ぬるいもんは聴かせられません。ぎゃんばるぞー

江古田の街はちょっと癒されます。小さくて居心地のよいお店が沢山ある。西武線の古びた感じもいい。





「sol」

花に命を与え
雲間から光露を示して 闇を照らす
白く焦げるまで
灼熱と暁 気高く吠える

幾度かの輪廻を この目に焼き付け
燃える悲しみを灰にした
牙を剥く狼に 飲み込まれぬうちに

歌おう
いくつもの音を奏でて
全ては振動
ここから始まる

荒れ果てた森から産声を
その音が聴きたくて 甦った

liric:elyna
music:y-co
[PR]
by soliruy0925 | 2006-12-17 02:55 | music

10

Salley Garden

なつかしいうたが聴こえる
初めて聴くひともきっとなつかしがるだろう

大地の胎動のような
洗い立ての洗濯物みたいな
そんな感じだ

わくわくする
恋をしたときに似てる
胸が高なる
魔法だ

私が唯一正しく人に伝えられる手段

この10本の指で
拙くとも
ピアノを弾くこと

幸せだ


きなこプリンうまかった

c0101369_4422319.jpg

[PR]
by soliruy0925 | 2006-12-14 04:24 | music

無題

今日は、母の誕生日っす。
母がいて、私が生まれて。その母が生まれたのは祖母がいたからで。
自分の歴史でさえたどっていくと、なんだかしんみりします。うぬ。

更にもうひとつ。しんみりというより、ショックなことが。。。

昔よくりょうちんとライブを観に行った、C◯M◯L。
久々にホムペを開いたら、なんと解散の文字が。
C◯M◯Lは私が唯一飽きずに聴けた「スカバン」でした。
彼らのライブに行くとまるで恋をしたときみたいに胸がドキドキしたなぁ。。。
あの空間はもう二度と戻ってこないのね。寂しい。
おそらく彼らも相当話し合っての決断だったのだろう。
BBSでファンの人たちは、名残惜しみながらも納得しているようだった。

ジャンルも違うし、スキルもまだまだ叶わないけれど、なんだか一人戦友を失ったような感じがした。残念だ。きっとそういうひとたちをこれから沢山みるんだろう。いつか自分たちがなる可能性だってないわけじゃない。
なんだか失恋した気分だ・・・

[PR]
by soliruy0925 | 2006-12-06 03:10 | music
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
relax
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧